マッチングアプリでいいね来ない私が婚活パーティーでマッチングした話

婚活

クリスマスも残業だった私。「そろそろ彼氏欲しいな・・」と思っていたところ、Twitterで知り合った婚活タイガーさん(@konkatsu_tora)ホワイトキーの婚活パーティーを紹介していただきました。ちょうど仕事納めの日に、職場の近くで開催予定のパーティーがあったので参加してみることに。

まずはネット予約


ホワイトキーは首都圏のみならず、全国各地で婚活パーティーを開催しています。【婚活パーティースケジュール】からご自身が行きたい地域・日にち・条件などでイベントを検索することができます。
お支払いはクレジットカードか当日現金かを選べます。支払い方法の如何に関わらず、前日または当日のキャンセルはキャンセル料が発生するのでご注意を。
大体男性の方が高く料金設定がされており、私が参加したのは男性5,000円、女性1,000円でした。

当日、いざ会場へ・・・

※写真はイメージです。

緊張しながら会場へ。入ると受付のスタッフの方が笑顔で迎えてくださり、リラックスできました。
そこで身分証明書を提示し、番号札を受け取ります。会場内では、その番号札にかかれた番号と同じ番号の席に着きます。その席で男女ペアになるように、ひとつの番号につき男女1名ずつ着席するように設定されています。
テーブルにはプロフィール用紙があるので記入して開始まで待ちます。結構待っている間品定め?のように周りを見渡している男性がいて気まずかったです。。。

お見合い回転寿司スタート!


こんな感じで記入したプロフィールカードを交換しながら男性と1対1での会話がスタートします。男女で若干記入項目が異なり、女性のカードには得意料理、男性のカードには年収を記入する欄がありました!
大体1人につき2~3分会話する時間が与えられ、終了後に名前と印象(5段階)、コメントをメモに書きます。(このメモは自分の後の判断材料のためのものなので、好き放題書いてOK(笑))

そして合図とともに男性が時計回りに移動。これを20人くらい繰り返すので、喉カラカラになりますし、短すぎてまったく印象に残らない人も出てきてしまいます。正直印象をメモ取ってる余裕すらないくらい目まぐるしかったです。

ファーストインプレッション記入&フリータイム

全員と話し終えたあとに中間印象の統計。話してみて「良かったなあ」とか「もっと話したいなあ」と思った男性を第1希望から第6希望まで記入します。その紙をスタッフに渡し、AIによるマッチングが行われます。
統計が行われている間はフリータイム。これは完全に誰と話そうが自由なので、声かけられる女性がいるか、はたまたポツンとしている人が誰かすぐにわかるので、かなり気まずい時間・・・

セカンドトーキングタイム&最終マッチング

統計が終わると中間結果の紙が渡されます。ここで自分が何名に指名されているのか、自分が指名した異性を指名した人は他に何名いるのか、自分が指名した人たちとマッチングする確率などリアルな数字が判明します。
私は4名から選ばれていました。私が選んだ男性は4~6名指名されていた人気者でした。
そしてこの結果を基に最終的に話したい人を3人まで絞ります。

マッチングから連絡先交換まで

上記で絞った3名まで書いた紙と、アンケート用紙、また自分が連絡先を渡したい人3名に連絡先カードを記入し、スタッフに渡します。これで一連のパーティーでの流れは終了です。
その後男性から退場。男性にマッチング結果が書かれた紙と女性からの連絡先カードが渡されます。女性も退場時にマッチング結果と男性からの連絡先カードが渡されます。

マッチングした男性とは会場外で再会

マッチング結果が書かれた紙にはマッチングしたお相手の番号が書かれています。マッチングした相手がいる場合、相手は会場を出たすぐ外で待っていてくれているので声をかけましょう。そこからセカンドステージが始まります。ここからホワイトキーは一切関与しなくなります。

 

 

初めての婚活パーティーはドキドキしますが、婚活市場の男性や女性、年齢層、また自分の市場価値などを知ることができるいいきっかけとなります。もしいいお相手がいたらラッキー♪くらいの軽い気持ちでまずは参加してみてはいかがでしょうか?

婚活パーティーはホワイトキー以外にもいろいろあります!

たくさんありすぎて一体どう選べばいいの?!という方、婚活タイガーさんの記事を参考にしてみてください(^^)それぞれの特徴や流れがわかりますよ☆

【婚活パーティの選び方】初めて参加・初心者〜上級者までの選ぶコツ

タイトルとURLをコピーしました